ONEPIECE875話の予想・考察・あらすじ・感想・伏線など

スポンサーリンク

ONEPIECE(ワンピース)875話の予想・考察・あらすじ・感想・伏線などを書いています。

※ストーリー全体を描写するような詳細なネタバレ(全文転載・画バレ・文字バレ)は一切行っていませんが、著作権の侵害または出版社様に不利益をもたらす内容が記載されているようでしたら該当箇所を即刻削除いたしますので、お手数ではありますがお問い合わせよりご連絡ください。

予想や考察

ビッグ・マム海賊団による包囲網がトットランド中に敷かれる中、誘惑の森でビッグ・マムに追い詰められてしまったルフィ達。

果たしてルフィ達はこの危機を脱することができるのでしょうか。

あらすじ

誘惑の森でビッグ・マムに追い詰められてしまうルフィ達。

そんな中、ナミがビッグ・マムのホーミーズ〝ゼウス〟を利用し、ビッグ・マム達の足止めに成功する。

一方、ウェディングケーキを作るために姉のシフォンに協力を依頼するプリン。

シフォンは妹のローラを救ってくれた麦わらの一味に恩返しをするため、危険も承知でプリンの依頼を受けることを決意する。

ストーリー詳細

誘惑の森の逃亡戦

ルフィ達がビッグ・マムに追い詰められていた頃、ブルックとチョッパーはシャークサブマージ3号に乗り海の中を通ってサニー号へ向かっていました。

シャークサブマージ3号

海中で男の人魚が何かしているのを発見するチョッパー。

ブルックにそれを知らせようとしますが、女の人魚にしか興味がないブルックはそれをするっとスルーします。

男の人魚といえばアラディンが思い浮かびますが、何かの伏線なのでしょうか?場面は戻って再び誘惑の森。

そこではルフィ達がビッグ・マムから逃げながら、ジンベエからマムの「食いわずらい」についての説明を受けていました。

ウェディング・ケーキを食べるまでマムの癇癪は止まらないと知るルフィ達。

しかしルフィは「あんな美味しいケーキはない」と頭を悩ませます。

どうやらルフィやナミは作戦の途中でケーキを食べていた模様。

どんな味か分かるのなら再現する時に役に立つのかも…?サニー号までもう少しのはずだと懸命に逃げるルフィ達。

しかし森の主キングバームの協力も無く、森全体が敵となってしまった今、ルフィ達は出口に辿り着くことができません。

更にナミの持つビッグ・マムのビブルカードも、本人が近くにいるため効力を失ってしまっているようです。

そんな中で唯一の希望となっていたのが、ナミによるゼウスの餌付けでした。

ナミによるゼウスの餌付け

ゼウスはビッグ・マムの機動力となっていたので、ナミが雷雲を餌にゼウスを釣っている間はとりあえずマムに捕まる心配はなさそうです。

vsプロメテウス

しかし後ろからルフィ達を追ってくる激おこマムとプロメテウスがゼウスを呼び戻そうとします。

ナミがゼウスの気を引いている隙に、ルフィはキングバームの敵討ちも込めプロメテウスに戦いを挑んでいきます。

しかし武装色の覇気を纏ったルフィのパンチは、プロメテウスには効きませんでした。

そこへジンベエが助っ人に入ります。

川の水を使って魚人空手の技をプロメテウスに放つジンベエ。

魚人空手の技をプロメテウスに放つジンベエ

水を使ったジンベエの攻撃は、ルフィの攻撃とは違いプロメテウスによく効いている様子です。

ジンベエによるとプロメテウスは「凝縮された炎の化身で、大火事が喋ってるようなもの」だといいます。

つまりプロメテウスは本物の自然であるため、覇気が通用しないということなのでしょうか。

ゼウスブリーズテンポ

するとビッグ・マムの後ろからマムの子供達が飛び出して来ます。

しかし今この森で仲間同士が逸れてしまえば二度と会うことができなくなると考えたルフィ達は、防御に徹しながら逃走を続けます。

そんな中、ナミの作った雷雲を食べ続けたゼウスが大きな黒い雷雲に成長します。

そこでゼウスを利用し、ビッグ・マム達の上に巨大な雷を落とすナミ。

巨大な雷を落とすナミ

ルフィ達はその隙に一気にビッグ・マム達から離れます。

サニー号に戻るブルックとチョッパー

その頃別ルートでサニー号へ向かっていたチョッパーとブルックは、船に辿り着いていました。

しかし船で2人を待ち構えていたのは、ビッグ・マム海賊団のペロスペローとカタクリでした。

先程の巨大な雷を見て、ルフィ達がマムにトドメを刺されたと確信したペロスペロー。

そこでペロスペローは、船に戻って来たチョッパー達に、このままここから去るのならば見逃してもいいと提案します。

しかしチョッパーとブルックはその提案を断り、ペロスペローとカタクリから船を奪い返そうとします。

提案を断るチョッパーとブルック

シフォンの協力

一方その頃プリンは、無事にシフォンの協力を得てサンジ達のもとへ向かっていました。

のサンジ達のもとへ向かうシフォン

もうビッグ・マムに関わりたくないという理由でプリンの協力依頼を断ろうとしていたシフォン。

しかし麦わらの一味に妹のローラを助けてもらったシフォンは、その恩返しをするためにウェディングケーキ作りに協力することを決めたようです。

ローラ

感想や伏線など

今回の扉絵でバルトロメオがシャンクスの旗を焼いてたのが不穏ですね。ルフィとシャンクスが戦うというフラグなのでしょうか…。

スポンサーリンク