ONEPIECE874話の予想・考察・あらすじ・感想・伏線など

スポンサーリンク

ONEPIECE(ワンピース)874話の予想・考察・あらすじ・感想・伏線などを書いています。

※ストーリー全体を描写するような詳細なネタバレ(全文転載・画バレ・文字バレ)は一切行っていませんが、著作権の侵害または出版社様に不利益をもたらす内容が記載されているようでしたら該当箇所を即刻削除いたしますので、お手数ではありますがお問い合わせよりご連絡ください。

予想や考察

食いわずらいを起こしたビッグ・マムを止めるため、ウェディングケーキを作り始めるプリン達。

一方、ルフィ達は暴走状態のビッグ・マムに追いつかれてしまいます。

果たしてルフィ達はこの危機をどうやって乗り越えるのでしょうか?

あらすじ

キングバームを従えビッグ・マムから逃走するルフィ達。

ビッグ・マムによる激しい追撃を受けながらも、キングバームは恋人のレディツリーのために奮闘する。

ストーリー詳細

キングバーム奮闘

ホールケーキアイランドから脱出するため、サニー号のある南西の海岸へ向かうルフィ達。

目的地へ最短距離で辿り着くために、ルフィ達は誘惑の森を突っ切ります。

森の主キングバームの協力も得て(強制的に従わせてともいう)好調に森を抜けようとしていたルフィ達でしたが、その背後からゼウスに乗って高速で追いかけてきたビッグ・マムがやって来ます。

ペロスペローに騙され、ルフィ達がウェディングケーキを盗んだと勘違いしているビッグ・マムは、食いわずらいによる暴走状態のままルフィ達に襲いかかります。

ルフィ達に向け、エルバフの技〝威国〟を放つビッグ・マム。

これはドリーとブロキーが使っていた〝覇国〟の下位技みたいなものでしょうか。

マムの強烈な一撃により、キングバームは体の一部がごっそり抉り取られてしまいます。

ビッグマムの”威国”を受け、体の一部が無くなってしまうキングバーム

あまりの痛みと衝撃に挫けそうになるキングバーム。

しかしナミがそんなバームを励まします。

「キングバーム!あきらめちゃダメよ!恋人があなたを待ってるんでしょ?」ルフィ達に駆り出される前にキングバームがイチャイチャしていた美人(?)な木。

キングバームの恋人 美人(?)な木

彼女の名はレディツリー…キングバームの恋人だったのです。

「生きて…あの子の元に帰るのよ!」背後では「別れさせたのあいつだよな…」というペドロの鋭い突っ込みも入りますが、キングバームはナミのその励ましにより再び奮闘し始めます。

森の出口へ

恋人のレディツリーのために奮闘するキングバーム。

しかしビッグ・マムの追撃は止みません。

そんな中、ナミがサンダーボルト・テンポで雷雲を作り始めます。

するとゼウスがそれに食い付き、上に乗せていたビッグ・マムを落っことしてしまいます。

ゼウスから落ちるビッグマム

ゼウスは雷雲が好物だった模様。

天候を知り尽くしたナミだからこそ思いついた作戦のようですね。

マムからゼウスという機動力を奪ったルフィ達は、その隙に一気に誘惑の森の出口へ向かいます。

森の主キングバームが命じれば森の木々が整列し、出口まで一直線の道が出来上がります。

その一本道の果てにはもうサニー号が見えている状況でした。

遠くに見えるサニー号

ゼウスを餌付けるナミ

サニー号を視界に捉え士気が上がるルフィ達。

そこへナミにもらった雷雲を食べ尽くしたゼウスがおかわりを貰いにやって来ます。

ナミに雷雲をねだるゼウス

そこでナミは、なんとビッグ・マムのホーミーズであるゼウスに「雷雲をたらふく食べさせてあげるから仲間になってほしい」と要求します。

ナミの作った雷雲をかなり気に入ってるゼウスも、満更ではない模様。

ちなみにナポレオン、ゼウス、プロメテウスの三体のホーミーズは、他のホーミーズと違いマム本人の魂が与えられているので、マムのビブルカードで従属させることは出来ないようですね。

焼かれるキングバーム

しかしその後ろから激怒したビッグ・マムが再びやって来ます。

マムが「麦わらの一味を捕らえろ」と命令すると、森中のホーミーズの表情が一変し、サニー号への道も閉ざされてしまいます。

しかしそんな絶望的な状況の中でも、キングバームは諦めませんでした。

彼には帰りを待つ恋人レディツリーがいるからです。

しかしその想いも虚しく、キングバームはプロメテウスに焼かれてしまいます。

プロメテウスによって焼かれるキングバーム

「恋人が帰りを待つ」というのはやはりフラグなんですね…。

プリンの交渉

その頃ビッグ・マムの子供達は、トットランド全域に包囲網を敷き、麦わらの一味とファイアタンク海賊団を1人残らず捕らえようとしていました。

海中もナワバリウミウシが監視の目を光らせています。

更にサニー号では、将星カタクリがルフィ達のことを待ち伏せしているようです。

一方、プリンはシフォンの協力を仰ぐため、ベッジ達のもとを訪れていました。

しかし今まで散々マムから酷い扱いを受けて来たシフォンは、マムのためにケーキを作ることを断ろうとします。

するとプリンは、「ケーキを作るのはマムのためではない」とシフォンに打ち明けます。

涙ながらにシフォンに訴えかるプリン

プリンはサンジと麦わらの一味を救いたいのだと、涙ながらにシフォンに訴えかけます。

感想や伏線など

前回兄弟達に悪人面で「麦わらの一味を潰すマムへのご褒美」と語っていたプリンと、今回シフォンに涙目で「麦わらの一味を救いたい」と懇願していたプリン…どっちが彼女の本心なのでしょうか…。

スポンサーリンク