ONEPIECE871話の予想・考察・あらすじ・感想・伏線など

スポンサーリンク

ONEPIECE(ワンピース)871話の予想・考察・あらすじ・感想・伏線などを書いています。

※ストーリー全体を描写するような詳細なネタバレ(全文転載・画バレ・文字バレ)は一切行っていませんが、著作権の侵害または出版社様に不利益をもたらす内容が記載されているようでしたら該当箇所を即刻削除いたしますので、お手数ではありますがお問い合わせよりご連絡ください。

予想や考察

ジェルマ66の護衛のもと、ホールケーキ城から脱出しようとする連合軍。

そんな中ピンチに陥ったレイジュを救うため、ルフィとサンジがビッグ・マムに立ち向かって行く。

あらすじ

飛べるシーザーにベッジを運ばせ、茶会会場からの脱出を試みる連合軍。

しかし護衛役のルフィやジェルマがビッグ・マム海賊団に敗れたことにより、連合軍は再び窮地に追い込まれてしまう。

ストーリー詳細

脱出作戦

引き続き茶会会場からの脱出を試みる連合軍とジェルマ。

ジェルマとルフィとサンジがビッグ・マム海賊団の足止めをしている間に、シーザーが他の皆を乗せたベッジを外へ運び出そうとします。

皆を乗せたベッジを外へ運び出そうとするシーザー

そんなシーザーを、キャンディ大臣ペロスペローが、飴の壁を作って妨害します。

それを合体技〝混色(ブラック)バグ〟で打ち砕く、イチジ、ニジ、ヨンジ。

頼もしい護衛に守られながら、シーザーは自らの心臓を取り戻すために、必死でビッグ・マム海賊団から逃走します。

CP0ステューシー

場面は変わってホールケーキ城の外壁。

落としてしまった玉手箱を拾おうとしている闇金王ル・フェルド

そこでは闇金王ル・フェルドが、先程外へ落としてしまった玉手箱を拾おうとしていました。

ル・フェルドが落とした玉手箱は、現在彼がいる場所より更に下にある屋根の上に引っかかっています。

屋根の上に引っかかっている玉手箱

するとそこへ歓楽街の女王ステューシーが現れます。

突然現れたステューシーに驚き、玉手箱のある下の屋根へ落っこちるル・フェルド。

そこでル・フェルドが玉手箱に手を出そうとした瞬間、ステューシーの放った〝飛ぶ指銃〟が彼の体を貫きます。

「玉手箱は世界政府である我々がいただく」と宣言するステューシー。

我々が玉手箱をいただく言うステューシー

彼女はなんとCP-AIGIS(サイファーポールイージス) 0の諜報部員だったのです。

世界政府が今回の件を見過ごすはずが無いとは思いましたが、ステューシーが政府側の人間として茶会に潜り込んでいたんですね。

更にその近くには世界経済新聞の社長モルガンズも隠れていました。

近くに隠れていたモルガンズ

モルガンズのことを「情報操作屋」と呼ぶステューシーは、彼に玉手箱を奪ったのはル・フェルドだと記事に書かせようとします。

玉手箱の中身をスクープさせてもらうことを条件に、その要求を飲むモルガンズ。

海軍贔屓の絵物語〝海の戦士ソラ〟を掲載している時点で分かっていたようなことですが、世経も世界政府と繋がっていたようですね。

ビッグ・マムvsルフィ

場面は戻って茶会会場。

そこではビッグ・マムが、逃げようとするルフィを挑発しようとしていました。

魚人島で「ビッグマムをぶっ飛ばす」と宣言しておきながら逃げようとするルフィに「腰抜け」と罵声を浴びせるビッグ・マム。

その挑発に乗ってしまったルフィは、ギア4を発動させ、ビッグ・マムに戦いを挑んで行きます。

挑発に乗りギア4でビッグマムに挑むルフィ

同じく腕と拳に武装色の覇気を纏わせ、ルフィを迎え撃つビッグ・マム。

2人の衝突で起こった凄まじい衝撃波により、周りにいたビッグ・マムの子供達が吹っ飛ばされます。

さすが四皇と5億の衝突…半端ない迫力を感じますね。

そして「カイドウを倒したら次はお前だ!」と、ビッグ・マムに凄むルフィ。

そんなルフィにマムは「アレはお前らには倒せない」と言い返します。

このセリフから、過去にマムがカイドウと戦って負けたような印象を受けましたが、実際のところはどうなんでしょうか?そこへサンジが介入し、ルフィを連れて再び逃走します。

その際にルフィもふしゅーっと空気と力が抜け、元の姿に戻ります。

ビッグ・マムvsジャッジ

ナワバリから決して逃がさないと、ルフィ達を追いかけるビッグ・マム。

すると今度はジャッジが、マムに戦いを挑んで行きます。

マムに戦いを挑むジャッジ

ビッグ・マムの裏切りにより、ノースブルーを再び制覇するという夢が潰えてしまったジャッジ。

「わずか66日の夢の跡に残された故郷(くに)の土も踏めぬ亡霊達に合わせる顔もない!」
「貴様などに我が王国の300年の無念の魂を預けた…己が憎い!」

と、ジャッジはやりきれない怒りをぶつけるようにビッグ・マムに攻撃を撃ち込みます。

しかしジャッジのその攻撃も、マムの強靭な歯で簡単に受け止められてしまいます。

そのまま武器を噛み砕かれ、マムのゼウスから放たれた〝雷霆(らいてい)〟に撃ち抜かれてしまうジャッジ。

ゼウスから放たれた雷霆がジャッジの仮面に直撃

その際にジャッジの仮面は真っ二つに割れてしまいます。(ちなみにジャッジの素顔はよく見えないままです)

連合軍全滅

ジャッジの危機に気付き、彼のもとへ駆けつけるニジとヨンジ。

すると今度は2人に護衛されていたシーザーが危険に晒されてしまいます。

シーザーの目の前には将星カタクリが…。

しかしそこへすかさずイチジが駆けつけます。

〝火花(スパーキング)フィガー〟でカタクリを足止めするイチジ。

カタクリを足止めするイチジ

その間にシーザーは急いでカタクリから逃走します。

そんな中、自分とそっくりな人物にぶつかるシーザー。

自分とそっくりな人物にぶつかるシーザー

それが邪魔をしてシーザーは先へ進めなくなってしまいます。

シーザーのそっくりさんの正体は、ブリュレでした。

正体を現すブリュレ

散々ルフィ達にこき使われたブリュレはここぞとばかりにシーザーを妨害し始めます。

ブリュレに妨害され、先へ進めなくなってしまうシーザー。

シーザーが振り返ると、ルフィもサンジもジェルマも皆ビッグ・マム海賊団に捕らえられてしまっていました。

ビッグ・マム海賊団に捕らえられてしまったルフィ・サンジ・ジェルマ

全滅だと絶望するシーザーとベッジ。

ビッグ・マムが連合軍の処刑を始めようとしたその時、ル・フェルドがぶつかり落下した玉手箱が城の外で大爆発を起こします。

爆発する玉手箱

その衝撃により、ホールケーキ城が傾き始めます。

感想や伏線など

やっと玉手箱が爆発しましたね!この機に連合軍がうまく逃走できるといいのですが…。

ところで今回、ジャッジのセリフから、ジェルマがノースブルーを制覇したのが今から300年前だったと分かりましたね。

同じノースブルーの歴史で考えると、ルブニール王国のノーランドの話が400年前のことなので、ジェルマのノース制覇はその100年後ということになりますね。

更にジャッジの「66日間の夢の跡」というセリフが、ジェルマがノースブルーを支配していた期間のことを言っているのだとすれば、ジェルマがノースブルーを支配していたのはかなり短い期間だったということになりそうです。

ジェルマ66の「66」もここから来ているようですね。

今までノースブルーの制覇はジャッジの個人的な野望のように描かれていたように思いますが、最近のジャッジのセリフや態度を見ていると、一族の悲願を達成しようとしているような印象も受けます。

66という数字が、ジェルマがノースブルーを支配していた期間を表しているのであれば、ジェルマがその短い期間でノースブルーを去らねばならなくなった経緯が気になってきますね。

スポンサーリンク